12月に入り、寒さや乾燥が強くなってきました。
この時期に注意しなければならないヒートショックについてです。ご存知の方が多いかと思いますが、ヒートショックとは急な温度により血圧や脈拍に影響を及ぼし、状況によっては心筋梗塞や脳梗塞、脳出血を引き起こす危険な状態のことです。11月から2月までが発生しやすい時期になります。ちょっとした意識で予防が可能ですのでいくつかご紹介致します⭐︎

〈環境〉
・入浴の際には浴室、脱衣所を暖かくしお部屋との温度差を少なくする
・湯船の温度は41℃以下に設定
・掛け湯をしてから湯船に浸かる
・トイレや廊下の温度もご注意下さい!

〈運動〉
・日頃から有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、水泳など)などを行い血圧の安定を図ることが大切です🏃‍♀️

〈食事〉
・塩分は控えめに
・食物繊維やミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム)を意識して摂る
・食物繊維はキノコ類、海藻類、こんにゃくなどに豊富に含まれます🍄
・サバやサンマなどの青魚に含まれるEPAで動脈硬化予防🐟
 ※サバやサンマにはカリウムも豊富に含まれている
・トマト(リコピン)やナス(コリンエステル)も良い🍅🍆

生活習慣を整え、冬に本番に向け対策をしていきましょう💪